沼津整形外科は充実の検査設備で地域の皆さまの健康をサポートします。内科・リハビリテーション科と整形外科。沼津市東原(愛鷹)の「さとやま整形外科内科」

055-939-8031 受付8:30~17:30(日・祝休診)第4土曜診療
メニュー

沼津市東原(愛鷹)の住宅型有料老人ホーム「聖人の家 風のガーデン」
駿河湾を一望する愛鷹の地で、介護の理想の在り方を追求します。

055-928-5887 受付時間:8時~20時
メニュー

沼津市東原(愛鷹)の通所リハビリテーション「デイケアさとやま」
現状以上のQOL(生活の質)向上を目指しています。

055-939-5031 受付時間:9時~18時
メニュー
CLOSE

医師紹介

Doctor introduction

さとやま整形外科内科、内科医、
整形外科医をご紹介します。

稙田太郎

院長 内科医 稙田 太郎Taro Wasada

インスリン抵抗性に関し、日本でいち早く人工膵臓を駆使して臨床研究を展開。
医学博士号取得、元日本糖尿病学会専門医、指導医、功労評議員。

さとやま整形外科内科は、自然豊かなこの地に誕生致しました。 私どもは、地域の方々に密着し、健康を支える医療人として、心のかよえるゆったりとした診療サービスをご提供していきます。

沼津という山と海に囲まれたのどかな環境の中で、じっくりと向き合う中で病気を洗い出し、治療法の選択についても十分に説明をして、ご理解を頂いた上で始めたいと思います。

皆様方の健康のよき相談役として、当クリニックをご利用いただければ幸いです。

1966年 九州大学医学部卒業
1978年 米国テキサス大学留学(糖尿病学)
1985年 九州大学第三内科講師
1992年 東京女子医科大学糖尿病センター准教授
2002年 埼玉県済生会栗橋病院副院長
2008年 東京女子医科大学特定関連診療所ロイヤルクリニック理事長・所長
2017年 医療法人 友愛会 さとやま整形外科内科院長
奥田洋史

整形外科医 奥田 洋史Hirofumi Okuta

整形外科専門医、日本整形外科学会認定スポーツ医、日本整形外科学会認定運動器リハビリテーション医。

健康寿命とは、心身ともに自立し、健康的に生活ができる期間を言います。

寿命が長くても健康寿命が短いと、日々の生活のために他の人の手助けが必要になる期間が長いことになります。そして、脳、心臓、肺など生命に関わる臓器だけではなく、身体の運動器(骨、筋肉や靭帯など)が健康であることも、健康寿命を伸ばすためには重要です。

運動器の病気や怪我を未然に防ぎ、発症してしまった傷病は治療し、重症化を抑えることが私たちの仕事です。もちろん、病気、怪我の予防や治療の主体は患者様ですので、私たちは最大限その手助けをさせていただきます。

スタッフ紹介

Staff introduction

さとやま整形外科内科の看護師、放射線技師、医療事務、理学療法士など、医療スタッフをご紹介します。

井原慶太郎

診療放射線技師 井原

診療放射線技師の井原です。当院は各種検査機器を取り揃え、地域に根ざすクリニックとして患者様の病態に合わせた検査が行える施設だと自負しております。

診療放射線技師は医師と連携し、レントゲンやCTなどの検査機器を用いて『病気を撮る(原因を明確にする)』役割があります。

皆様とは検査を受けて頂く際にお会いすることが多いかと思いますが、検査に対する不安、緊張を払拭し、安心して検査が受けられるよう努めてまいります。検査に関わらないことでも、いつでもなんでも気軽にお声掛けください(^^)

石田

看護師 石田

皆様、こんにちは。看護師をしております、石田です。

私は来院された患者さんやご家族に優しさと思いやりの気持ちを忘れず、一人ひとりに、信頼される看護が提供できるよう日々取り組んでいます。

外来診察という短い時間ではありますが、患者さんとの関わりを大切にし、ほんの少しでも不安や気になる事に答えられるように努めてまいりますのでお気軽に声をかけてください。

井原慶太郎

理学療法士 西野

理学療法士の西野です。当院リハビリテーションは、小さなお子さんからご年配の方、スポーツをされている方から日常生活でお困りの方まで、幅広い方々がご利用されます。

私たち理学療法士は、一人ひとり、様々な痛みや違和感を抱えておられる中で、なぜ症状として現れているのかを診させていただき、医師とともにそれぞれに合った治療プランを立てます。そして徒手療法、運動療法、ご自宅で行える体操などを用いて患者様の理想の生活の手助けを行います。

些細な痛みや違和感でも立派な病気の種です。いつでもお気軽にご相談ください。